ランニングなどをしながら紫外線対策

 

私のお肌の悩みは、年齢と共に変わってきています。

 

10代の頃のお肌は部活動で紫外線にさらされ、肌は真っ黒に焼け、そばかすはあったものの、化粧品を使うという対策もせず、悩みはほとんどありませんでした。

 

20代になり、基礎化粧品から使うようになりましたが、敏感肌とアトピーで使えるものがなかなか見つかりませんでした。

 

某社の化粧水を使うようになり、自分の肌が強くなりました。
その後はどんな化粧品でもかぶれることもなく、敏感肌で悩むことはなくなりました。

 

20代後半から少し高価な化粧品を使い始めました。
この頃に10代の頃の肌のケアをしていなかったことを悔やむようになりました。
徐々にシミ、シワが出始めました。

 

 

 

紫外線を浴びてしまった肌をケアする方法

紫外線による肌荒れを何とかして治したい!

現在30歳後半ですが、エイジングケアを心がけています。
20代のときの敏感肌・アトピー肌が改善できたのはアムウェイの化粧品でした。
使い始め5日ぐらいはピリピリするけど、それを乗り越えるように美容部員の方に言われ、使い続けました。

 

その後、化粧品を何に変えてもまったくトラブル無く、肌を鍛えるのも大事だということを実感しました。
20代後半からSK-?を使用し、とても安定していました。

 

30代後半ごろから、SK-?も使用せず適当に話題のものを使用していましたが、だんだんニキビに悩まされるようになりました。

 

いままで無縁だったニキビに現在苦戦しています。
食生活は、できるだけ野菜多め、睡眠は子どもが寝る時間と同じぐらい早く寝るように心がけています。
事務仕事なので運動はあまりしていませんが、時々スポーツジムやランニング、毎日の自転車通勤でがんばっています。

 

妊娠中の女性でも行える、紫外線対策案

 

紫外線による肌荒れを何とかして治したい!

生まれてすぐぐらいから頭のてっぺんから足の指まで全身にアトピーがありました。
夏は紫外線や汗により全身がかゆくなり、冬は乾燥して痒くなり、季節の変わり目も体温調節がうまくいきにくく、夜も寝れないことが多々あります。

 

ちょっと運動しようと思ってランニングすると大変なことに。
効果の薄い日焼け止めだと効果も発揮されません。

 

外に出かけるにしても肌を出す服はなかなか着れず、一年中、長袖長ズボンでなかなかおしゃれができません。
そして今年、赤ちゃんが生まれるので遺伝はしないと聞きますが、100%子供がならないとは限らないと思います。
自分が小さいころから経験しており、どれだけ辛いかは知っているので、正直子供を作る気は初めはありませんでした。

 

でも出来てしまった以上はどうにかして綺麗な肌で産まれてきて欲しいと思っています。
なので、自分は治らないにしても、子供がなるのだけは防ぎたいです。

 

 

 

アトピーでは、ほとんどの病院がステロイド等の薬を出されると思います。
ですがステロイドだと将来が不安なので、にわ先生という先生が作られた[va2]や[マグニー]などの塗り薬を使っています。

 

あとは[SOD]という飲み薬も服用しています。
この飲み薬は、妊娠中でも飲んでよく、赤ちゃんの肌もきれいにしてくれるそうなので、毎食後かかさず一本は飲んでいます。

 

食事では、アレルギーの食品が多く、私は、乳製品、カカオ、魚、が主なアレルギーなので出来るだけ取らないようにし、カルシウムはサプリメントなどで摂取しています。

 

睡眠もちゃんと寝ないとストレスになり、赤ちゃんには悪影響なので、お風呂あがりには必ず塗り薬を塗って乾燥しないようにして、寝ています。

 

他にもホコリやダニなどはアトピーの天敵なので、寝る前に必ずレイコップなどを使い、ホコリ等がない状態で寝るようにしています。

 

あとは常に部屋を掃除しておいて、ホコリができるだけ少ない環境を作るようにしています。